エンターテインメント

船越英一郎のデスノートが、遂に、現実化。今回の敵は、松居一代。予告編として、映画『デスノート Light up the NEW world』を見ましょう。

話題の船越英一郎のノート

今、話題なのが、松居一代 (まついかずよ)さんが暴露した、船越英一郎 (ふなこしえいいちろう)さんの、恐怖のノートです。

このノートの中には、船越英一郎が浮気をしていた事や、それなのに、自分は悪者にならないで、妻の、松居一代の方を悪者にして、週刊女性セブンに、松居一代さんの悪口をリークしていた証拠等が書かれていたと、松居一代さんは主張しています。

予言映画か?なんと、既にこの出来事は映画化されていました。

なんと、実際に、この事が、既に映画化されていたのです。

その映画の中で、船越英一郎さんは、恐怖のノートの代名詞である、デスノートの所有者として登場します。

その映画のタイトルが、『デスノート Light up the NEW world』。

2016年に公開されました。

そして、今年2017年に、なんと、まさかの現実化に。

すごいですね。デスノートは、2003年から2006年まで週刊少年ジャンプに連載され、2006年には藤原竜也、松山ケンイチ主演で、前編、後編と、映画化され、2015年にはドラマ化、2016年には、再度、『デスノート Light up the NEW world』として映画化され、2017年には、ついに現実化に。

完全新作『デスノート』に船越英一郎が出演!新たなデスノート所有者は最高裁判事

『DEATH NOTE』シリーズの完全新作映画『デスノート Light up the NEW world』が10月29日(土)に公開される。原作に存在しながらも未だ使われていなかった【6冊ルール】を採用した全く新しい本作に、新たなデスノート所有者として、名優・船越英一郎が出演することが明らかになった。

世界中にもたらされた6冊のデスノートのうちの1冊が、本来は法で悪を裁くはずの人物”最高裁判事“の手に渡ってしまった…。日本の裁判所で最高位である最高裁判所で、限られた者しか任命されない最高裁判事・御厨賢一(みくりや・けんいち)を演じるのが日本が誇る名優・船越英一郎だ。

識見が高く法律の素養がある御厨は、なぜデスノートを手にし、どのような行為に及んでしまうのか…。静かな恐怖をまとった最高裁判事を、他者が放つことのできない存在感で船越が体現。船越の怪演は、原作ファンのみならず映画ファンやドラマファンも注目すること間違いなし!今後の続報にも注目だ。

映画『デスノート 2016』は10月29日(土)より丸の内ピカデリー・新宿ピカデリー他全国拡大ロードショー

©大場つぐみ・小畑健/集英社 ©2016「DEATH NOTE」FILM PARTNERS

引用元:Aol (http://news.aol.jp/)

現実化の、今回のリアルドラマの結末はどうなるのでしょう。

松居一代さんの言う通り、

サスペンスドラマよりも

怖くって、

おもしろいです

それは、

ノン・フィクションだからです

松居一代劇場『船越英一郎の恐怖のノート』の予告編をみんなで観よう。

リアルドラマの結果が早く知りたい方は、予告編として、『デスノート Light up the NEW world』を見てみることをお勧めします。

2016年の映画なので、なかなか無料では見られません。

ただ、実は無料登録だけで見られる方法があるのです。

無料で見るには、U-NEXT、もしくは、TSUTAYA TVどちらかの無料体験という方法があります。

個人的に、他の動画や映画が充実していますので、U-NEXTの方がお勧めです。



U-NEXTとは、定額で、一ヶ月、映画とかアダルト動画とか、アニメとか、たくさんの動画を見放題になるサービスです。

ただ、全部、定額で見れるようになるのではなく、最新の映画などは追加で、有料のお金が掛かります。

「なんだ。有料かよ。」と思われた方もいるかもしれませんが、U-NEXTは、無料体験ができるのです。さらに、無料体験で、有料の映画を見るためのポイントも600ポイントもらえますので、『デスノート Light up the NEW world』も、もちろん無料で見ることができます。

さらに、一ヶ月間は、U-NEXT無料体験できますので、一ヶ月たくさん映画を見れるようになります。
このページにあるU-NEXTのバナーをクリックして是非、無料体験で見てみてください。
私も今から無料体験して、見てみますね。


関連記事

  1. 松居一代 (まついかずよ)が、船越英一郎の浮気を暴露。成田美和も…
  2. 三宅洋平、自身の政治団体NAUへの大麻持ち込みを投稿され、足早に…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP