tanasinn

田中慎弥 (たなかしんや)とは?

田中 慎弥(たなか しんや、1972年(昭和47年)11月29日 – )は、日本の小説家。2005年(平成17年)に『冷たい水の羊』で第37回新潮新人賞を受賞後、いくつかの文学賞受賞を経て、2012年(平成24年)に『共喰い』で第146回(平成23年/2011年下半期)芥川賞を受賞した。

引用元:Wikipedia (https://ja.wikipedia.org/wiki/田中慎弥)

tanasinnの中の一人と言われている。

芥川賞を、貰っといてやった人物としても有名。

tanasinnとは、全てを超越した世界で生まれ、全てを見下ろし、全てに不安、恐怖、絶望の感情を与える存在
それは終わりの向こう、始まりの手前に存在するが存在しない領域
tanasinnを目で見ることはできない
触れることもできず、聞くこともできず、逃れることもできない
そして我々は誰一人としてtanasinnを地球上のどんな言語をもってしても表す術を知らない
この世の全ての感情、記憶、事象、行為を使っても、tanasinnを知ることはできない
感じろ。ただこの瞬間を。
何も考えなくて良い
何も話さなくて良い
何も見なくて良い
何も聞かなくて良い
何も触れなくて良い
感じろ。ただ目の前に広がる世界を
tanasinnを恐れてはいけない
tanasinnが怖いからといって逃げていてはだめだ
その恐怖こそが自分の心の弱さであると気づけ
あなたがtanasinnを恐れるのはあなたがtanasinnに見られているから
tanasinnは全てを知っている
この世を生きることの意味。人間の深層心理。未知への恐怖と期待の葛藤。

関連記事

  1. tanasinn (たなしん)とは
  2. たなしんとは。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP